名古屋で『債務整理』をお考えの方はお気軽にご相談ください!

弁護士による債務整理@名古屋

「債務整理」に関するQ&A

借金が返せないのですがどうすればよいですか?

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2020年1月14日

1 借金が返せないとどうなる?

決められた返済日までに支払いを行わないと,まずに業者から電話連絡があります。

この段階では,返済がされてなかったことの注意喚起程度なので,指定された期限までに支払いを行えば特に問題はありません。

しかし,その後も支払わないでいると,催促の電話が増えてくることが多いです。

もし電話を無視し続けていると,勤務先への連絡もありえます。

その後も支払いを行わないままでいると,郵便で催促状が届きます。

大抵は,○日までに×円を払わないと法的な手続きを取ります,といった内容の書類です。

それでも支払わない状態が続いてしまうと,訴訟を提起されます。

つまり,裁判所から書類が届くことになります。

裁判所からの呼び出しにも応じないでいると,債権者が債務名義を得ることになりますので,強制的な手段,つまり給与の差押手続がとられてしまいます。

具体的には,手取り金額の4分の1を差し押さえられてしまうことになります。

2 借金が返せない場合の対応方法

借金を返せなくなった方がとってしまう方法として,別の貸金業者から借入れを行い,それを返済に充てるというものがありますが,これは基本的に避けるべきでしょう。

当然新たな借入れについても利息が発生するわけですから,支払うべき金額は増える一方です。

近い将来に大きな収入が予定されている場合などでなければ,この方法は避けるべきです。

別の手段として,親族等からお金を借りて完済するという方法があります。

この場合も借金自体は残りますが,利息がない分返済が滞っている間に借金が増えるという事態は避けられます。

また,ご親族であればある程度返済プランについても柔軟に対応してもらえることが多いでしょう。

この手段がとれない場合には,ご自身で貸金業者と返済スケジュール等の交渉をするという方法があります。

業者側が交渉に応じてくれるかどうかは,それまでの業者との関係などにもよるのでケースバイケースですが,貸金業者としても一切お金を返してもらえないよりは少しずつでも返してもらった方がプラスなので,ある程度応じてくれる場面もあるかと思います。

ご自身での交渉では貸金業者が応じてくれないという場合,弁護士に相談することになるでしょう。

3 借金について弁護士に相談するとどうなる?

借金問題の解決方法としては,大きく分けて,自己破産,個人再生,任意整理の3つの方法があります。

弁護士に相談すると,その方の借金状況,そしてその方の意向に沿って,より良い選択肢を示してもらうことができます。

任意整理は,返済スケジュールについて貸金業者と交渉をするという点で,先のご自身で業者と交渉をする場合と同様の内容ですが,貸金業者によっては,債務者自身の交渉には応じないが,弁護士との交渉であれば応じるということも少なくありません。

ですので,自分で交渉してもまったく応じてくれなかったからといって,任意整理ができないわけではありませんので,ぜひ弁護士に相談してみることをお勧めします。

また,弁護士が任意整理をする場合は,貸金業者が将来利息をカットしてくれることも多いです。

将来利息をカットしてもらえると,現状の借金額をとにかく返せばいいということになるので,完済までの道筋がかなり明確になります。

任意整理以外の自己破産,個人再生の手続については,ご自身で行うことはかなり困難ですので,まず弁護士に頼んだ方がいいといえるでしょう。

4 いつ借金の相談をするとよい?

借金の相談をするベストタイミングはいつか,というのは一概に言えないところですが,基本的に早いに越したことはありません。

支払いが滞ってから長期間経ってしまうと,その分利息が増えているわけですので,任意整理したとしても支払わねばならない額が増えることが多いです。

また,支払いが滞ってからの期間が短い方が,貸金業者の提示してくる条件も緩やかであることが多いです。

貸金業者からの督促を放置して,すでにお給料の差押えを受けている場合などは,もう差押えを行っている業者に対して任意整理をすることは困難になってきますし,自己破産や個人再生を行うにあたってもやや複雑な問題が生じてしまいます。

相談が早すぎて損をすることはありませんので,借金を返せなくなったら出来るだけ早く弁護士に相談してください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア