名古屋で『債務整理』をお考えの方はお気軽にご相談ください!

弁護士による債務整理@名古屋駅

「債務整理」に関するQ&A

債務整理をするとローンが組めなくなるのですか?

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2019年11月6日

1 債務整理を行うとローンが組めない?

一般的に,債務整理を行うと,ローンが組めなくなると言われています。

しかし,一度,債務整理を行ったとしても,その後,住宅や車のローンを組んだりする必要性が出てくることもあります。

では,一度債務整理をしてしまうと,その後将来にわたってもずっとローンを組むことができないのでしょうか。

2 なぜローンが組めなくなるのか?

そもそも,なぜローンが組めなくなるのでしょうか。

それは,債務整理をすると,信用情報に「事故情報」として登録されることになります。

これがいわゆる「ブラックリスト」と呼ばれるものです。

なお,債務整理をしなくても,借入金の返済が数ヶ月にわたり滞ったりすると,債務整理をしなくても「事故情報」として登録されることになります。

ローンなどの申し込みがなされた際,金融機関等は,信用情報を確認するなどして,ローンを通すか否か審査することになります。

このときに確認した信用情報が「事故情報」として登録されていた場合,金融機関としては,返済能力などに疑問を有することとなるため,ローンの審査が通らず,ローンが組めないという状況になるのです。

3 いつまで「事故情報」となるのか?

「事故情報」は一旦登録されると,ずっと(一生)登録されたままなのでしょうか。

仮に,ずっと登録が続くとすれば,一生ローンが組めなくなってしまいますので,いつまで登録されるのかは気になるところです。

「事故情報」の登録はいずれ消えます。

ただ,いかなる方法の債務整理を採ったかによって,登録期間が変わります。

登録されている期間としては,一般的に5~10年程度とされているようです。

4 「事故情報」が消えても組めない場合も

基本的には,「事故情報」が消えれば,ローンが組めることになります。

ただし,審査基準は,金融機関で異なりますので,一旦「事故情報」の登録が消えたとしても,審査が通りにくい金融会社も実際あります。

また,以前債務整理を行った会社であれば,ローンが組めなくなることも往々にしてありますので,どこの金融機関でローンを組むのか,申し込む際には注意が必要です。

5 債務整理に関するご相談

上記のように,どれだけの期間「事故情報」として登録されるのかは債務整理の方法にもよりますし,債務整理を行うべきか否かなど少しでも悩まれるのであれば,弁護士等専門家にご相談ください。

当法人は,名古屋駅の近くに事務所を構えております。

悩まれたら,一度ご相談ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア