過払い金返還請求とは|名古屋で『債務整理』をお考えの方はお気軽にご相談ください!

過払い金とは

弁護士紹介へ

過払い金について

過払い金の有無を含め,弁護士が相談にのらせていただきます。過払い金請求までしっかりと対応可能ですので,お気軽にご利用ください。

スタッフ紹介へ

スタッフが承ります

ご予約のお電話は受付担当のスタッフが承ります。お電話口にて,日程調整等を丁寧にご案内させていただきますので,初めての方もお気軽にお問合せください。

過払い金のご相談について

お電話でのご相談も承っております。相談予約のお問合せ先を掲載しておりますので,ご相談をお考えの方はご覧いただければと思います。

過払い金の取引の一連・分断

  • 文責:弁護士 上田佳孝
  • 最終更新日:2021年2月26日

1 過払い金の取引の一連・分断とは

過払い金は、主に平成19年以前に消費者金融やカード会社から借入をする際、法律で認められているより高い利息で借りて利息を払いすぎていたので、払いすぎた分が返ってくるものです。

過払い金を取り返す際に消費者金融やカード会社が最もよく争うのが、取引の一連・分断というものです。

これは、途中で返し終わって残高0円になった後に、再び借入を始めたとき、途中で返し終わるまでの取引と、再び借入を始めた後の取引が、法律上一続き(一連)とみれるか、別々の取引とみるか(分断)というものです。

2 分断と評価されると、分断前の過払い金は返してもらえないことも多い

たとえば、平成10年に借り始めて平成19年に一旦完済し、平成20年から再び借りて平成31年に完済したとします。

平成10年から31年まで一続きの取引と認められれば過払い金全額が取り返せますが、平成10年から19年と平成20年から31年で別々となると、1円も過払い金が返ってこないのが通常です。

過払い金は、完済から10年で時効にかかって返してもらえないのが原則なので、平成19年から10年経っていることを理由に平成10年から19年の分の過払い金は返ってきません。

また、平成20年以降だけでは、法律で認められた利率の範囲内であることが多いので、過払い金がそもそも発生しないのです。

このように、過払い金を取り返すには、一連か分断かは死活問題になります。

3 一連か分断かは、一旦完済する前と後の取引の条件の差等様々な要素で決まる

取引が一連と認められるか分断となるかは、法律上の複雑な判断によります。

最高裁の判例では、取引のない期間の長さ、契約内容がどれくらい違うか、業者が契約書を返還したか、カードがそのまま使えたか等様々な事情を考慮して判断されることになっています。

依頼者さんごとに有利な事情を主張し、どこまで一連と認められそうか可能性を見積もるのは、弁護士ごとの経験の差が出るところで、弁護士の腕の見せ所でもあります。

詳細は弁護士におたずねください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

過払い金について

過払い金返還請求とは

債務整理を取り扱っている法律事務所のコマーシャル,広告,チラシなどがさまざまなところで見られるようになりました。

その中で,過払い金返還請求というものを目にすることがあると思います。

過払い金返還請求とは,簡単にいえば,払いすぎたお金を返してもらうことです。

なぜ過払い金が発生するのか

これまでの借入と返済の履歴を基に,法定の利率で計算し直すと,借金と利息の総額以上に返済をしてしまっていた,という場合があります。

この場合に,払いすぎてしまっていたお金を返してもらうことができるのです。

以前は,利息制限法の上限金利を超えた利率での貸付けも行われていました。

そして,そのような契約も,本人が納得して契約しているのだから,有効であると考える人もいました。

しかし,利息が高いために,返済してもなかなか借金は減っていかず,借金の返済のために借入れを重ねて多重債務者に陥ったり,破産をしたりする人が多くなってしまいました。

現在では,たとえ本人が納得していたとしても,利息制限法の上限を超える利率での貸し付けは,その超えた範囲で無効となると考えられており,名古屋だけでなく全国で払い過ぎたお金の返還請求訴訟が提起されるようになりました。

長期間,高金利で借入と返済を続けていればいるほど,過払いとなっている可能性は高くなります。

まずは弁護士に相談

過払い金の金額を計算し,過払い金請求を行うためには,過払い金に関する知識が必要となります。

迅速かつ適切な解決のためにも,法律の知識を有しており,過払い金を取り扱っている弁護士に相談されることをおすすめします。

過払い金を取り扱っている当法人の弁護士がしっかりと対応させていただきますので,まずはご相談ください。

お問合せ・アクセス・地図へ