債務整理における直接面談義務|名古屋で債務整理をお考えの方はお気軽にご相談ください!

弁護士による債務整理@名古屋駅

「債務整理」に関するお役立ち情報

債務整理における直接面談義務

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

以前,過払い金返還請求事件等の債務整理事件が大量に生じている状況に乗じて,一部の弁護士が不適切な勧誘や受任をして事務を処理し,不適切な額の報酬請求をしているとの批判を受けたことがありました。

そのため,日本弁護士連合会は,平成23年に,「債務整理事件処理の規律を定める規程」を制定し,弁護士の直接面談義務を定めました。

この規程では,弁護士が事件を受任するにあたっては,直接面談を行い,債務の内容,債務者(家族を含む)の資産や収入,生活費その他の生活状況,不動産の処理に関する希望,その他事件処理に関する意向について,聴き取りを行うべきことが規定されています。

本来,弁護士の職責は,依頼者様からご相談を受け,依頼者様にとって最も望ましい解決をもたらすべく,誠実に法律事務を行うことにありますので,上記のような規程が定められたこと自体,弁護士業界として反省すべきことです。

名古屋駅法律事務所をはじめ,当法人では,前記規程を遵守し,債務整理のご相談をお受けする場合は,依頼者様に事務所へご足労をいただくよう,お願いしています。

直接面談を行うことは,依頼者様にとって最も望ましい解決をするためにも必要なことですので,何卒,ご協力をお願いいたします。

お問合せ・アクセス・地図へ