債務整理による銀行口座の凍結とその対応【名古屋で債務整理は弁護士法人心に】

弁護士による債務整理@名古屋駅

「債務整理」に関するお役立ち情報

債務整理による銀行口座の凍結とその対応

1 銀行口座の凍結

銀行からの借入れがある場合,任意整理や破産,個人再生等で弁護士が介入する場合,その銀行の預金口座が凍結されてしまうことが多いです。

これは,銀行が少しでも借入金を回収するために,預金口座のお金と借入れを相殺しようとするためです。

口座が凍結されると,預金口座からお金が引き出せなくなり,その後に入金されてきたものを含めて,借入金と相殺される(借入金の返済に充てられる)ことになります。

そのため,給与の振込先口座等になっている場合は,給与が引き出せなくなり,最終的にはその全額が強制的に返済に回されてしまう結果となってしまうことがあります。

2 預金口座凍結への対策

口座の凍結は,通常1か月から3か月ほどで終わり,それ以降は預金口座を利用することができることが多いですが,場合によっては,それ以上の期間凍結状態が続くこともあれば,預金口座自体が解約されてしまうこともあります。

なので,給与の振込先口座に指定している銀行に対して,何の対処も取らず任意整理等を依頼すると,預金口座が凍結されてしまい,入金されてしまった給与を引き出すことができず,生活が成り立たなくなってしまうということも起こり得ます。

そのため,弁護士等に任意整理や自己破産,個人再生を依頼する場合で,かつ,給与等のお金が入ってくる預金口座がある銀行から借入れがある場合には,給与の振込先口座を変更し,預金口座が凍結されても問題がない状態にしてから,依頼をすることをお勧めします。

3 その他の対応方法

なお,仮に預金口座が凍結されてしまい,かつ,そこに給与等が振込まれてしまった場合でも,銀行によっては事情を話せば,一時的に口座の凍結を解除し,預金口座からお金を引き出さるようにしてくれることもあります。

しかし,これは例外的な措置になりますので,応じてくれるかどうかはわかりませんし,仮に応じてくれる場合であっても,手続きに時間がかかったりすることもあります。

したがって,できる限り,給与等の振込先口座のある銀行から借入れがある場合には,それを変更してから手続きをしていくことを進めています。

弁護士法人心は,名古屋駅付近にも事務所があります。

名古屋近辺で,債務整理を検討されている方は,ぜひお気軽にご連絡ください。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア