個人再生のご相談をお考えの方へ|名古屋で債務整理をお考えの方はお気軽にご相談ください!

弁護士による債務整理@名古屋駅

個人再生のご相談をお考えの方へ

個人再生は債務整理の方法の一つで,借金を圧縮し長期間で返済できるようにすることを目的とした手続きです。

個人再生をスムーズに行うためにも,弁護士にご相談いただくことをおすすめいたします。

個人再生をお考えの方は,一度弁護士法人心の個人再生を得意とする弁護士までご相談ください。

詳細につきましては,以下のサイトをご覧ください(以下のボタンをクリック)。

弁護士紹介へ

「個人再生を行うべきか,それとも他の方法で債務整理を行うべきかわからない」という方もご安心ください。債務整理を得意とする弁護士が,皆様に適していると考えられる手続きの方法について,ご提案やご説明をさせていただきます。

スタッフ紹介へ

弁護士法人心では,皆様に安心して個人再生などの債務整理をお任せいただくことができるよう,弁護士・スタッフ一同心を込めて対応をさせていただきます。お困りのことなどがある場合には,弁護士法人心にお気軽にご連絡ください。

対応エリア

名古屋駅付近に事務所がありますので,駅から徒歩でご来所いただくことが可能です。お車でお越しの方に関しましても,事務所付近の駐車場をご利用いただけます。詳しくは「お問合せ・アクセス・詳細地図」のページをご覧ください。

個人再生と住宅ローン

1 個人再生とは

個人再生とは,債務が払えなくなった場合に,それを債務額や財産の総額等に応じて減額し,それを原則3年間で支払っていく手続きになります。

この手続きは,裁判所が強制的に,本来払わなければならない債務を減額するものになるので,各債権者は平等に扱う必要があります。

具体的には,ご依頼いただいたどころで全ての債権者への支払いを止め,申立,開始決定後に後裁判所が認可した再生計画のとおりに支払っていくことになります。

また,債権者は抵当権等の担保権を有している場合には,この手続外で抵当権を行使して,弁済に充てることができます。

2 住宅資金特別条項

しかし,個人再生の手続きにおいては,住居を失ってしまうことの不利益は大きいことから,住宅ローンのみを特別扱いすることができます。

具体的には,住宅ローンについては減額等されずに支払いを継続する代わりに,抵当権を実行されて競売にかけられることを阻止することができます。

3 住宅ローンに延滞がない場合

住宅ローンに延滞がない場合には,そのまま支払いを継続し,申立後も弁済許可を経て支払いを継続し,契約どおりの内容で住宅資金特別条項を付した再生計画を立てることになります。

4 住宅ローンに延滞が生じている場合

住宅ローンに延滞が生じている場合には,その延滞部分をどのように支払うかを再生計画の住宅資金特別条項に反映する必要があります。

また,期限の利益を喪失し,一括での請求が来ている場合には,弁済許可を得ることができないので,申立から再生計画に基づく支払再開までの間の遅延損害金についても支払う必要が生じます。

加えて,住宅ローン債務に保証会社がついており,保証会社が代位弁済してしまっているような場合には,代位弁済から6か月以内に申し立てをしなければなりません。

5 個人再生のご相談

以上のように,住宅ローンに延滞が生じている場合には,様々な不利益等が生じることが予想され,最悪,個人再生をしても住宅が残せない可能性も生じることになります。

したがって,借金の返済等にお悩みで,住宅ローンがある場合には,住宅ローンに遅れが生じる前に弁護士等にご相談いただくことをお勧めします。

また,住宅ローンに遅れが生じてしまっている場合でも,個人再生を行えば住宅が残せる可能性がある場合もありますので,そのような時はお早めにご相談ください。

弁護士法人心は,名古屋駅から徒歩2分の場所に事務所があります。

借金問題でお悩みの方で,住宅は何としてでも残したいとお考えの方はお早めにご相談ください。

個人再生の最低弁済額の計算方法

1 個人再生の弁済総額

個人再生をすると,裁判所で認可された再生計画のとおりの金額を弁済していくことになります。

この弁済総額(計画弁済総額)は,最低弁済額を上回る金額でなければなりません。この基準債権に対する再生計画に基づく弁済の総額を「計画弁済総額」といいます。

再生計画で定めることができる計画弁済総額は,民事再生法で要件・基準が定められています。

具体的には,①最低弁済額以上であり,②破産の場合の予想配当額以上であること(清算価値保障原則),が必要です。

この要件を充たしていない場合,再生計画不認可事由があることになるので,再生計画は不認可となります。

2 最低弁済額とは

最低弁済額とは,先述のとおり個人再生が認可された場合に最低限支払いをしなければならない弁済額のことです。

計画弁済総額がいくらでも構わないというのでは,債権者の理解を得ることはできないですし,個人再生は免責不許可自由があっても利用できるなど破産よりも債務者にメリットのある手続なので,最低弁済額が定められているのだといえます。

3 最低弁済額の計算

最低弁済額は,簡潔に言うと,①借金が100万円未満の場合,最低弁済額はその借金の額となり,減額はありません。

②100万円以上500万円未満の場合,最低弁済額は100万円,③500万円以上1500万円未満の場合,最低弁済額は借金の5分の1,④基準債権額が1500万円以上を超える場合,最低弁済額は300万円となります。

借金の総額が3000万円を超え,5000万円以下の場合,最低弁済額は「無異議債権額および評価済債権額の総額の10分の1」となります。

4 清算価値保障原則

最初にお話ししたとおり,個人再生においては最低弁済額以上であり,清算価値保障原則を満たしている必要があります。

清算価値保障原則とは,債権者が最低でも自己破産を選択した場合よりも多くの金額を受け取ることができる必要があることから成り立っている原則です。

そのため,個人再生を検討される際には,借金の金額だけでなく,保有している財産にも目を配る必要があります。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

個人再生という手続きについて

個人再生という言葉は,債務整理の方法の中でも「はじめて聞いた」という方が多い言葉かと思います。

個人再生は,簡単に言えば借金の利息をカットし,長期間の分割払いで返済を行っていく手続きです。

どれくらい借金を減らすことができるかということは,債務総額によっても異なりますので,詳しくは弁護士にご相談ください。

個人再生の主なメリットとしては,個人再生を行っても資格制限が生じないということや,ローンを支払っているご自宅がある場合にローンの支払いを続けながら住み続けることができる場合があるということなどがあげられます。

個人再生の他にも,債務整理にはさまざまな方法があります。

個人再生を行うか,それとも他の方法で債務整理を行うかということについて,まだ迷われている方も,一度弁護士法人心にご相談ください。

債務整理を得意としている弁護士が,個人再生を含めたそれぞれの債務整理の内容や,皆様の状況に適していると考えられる方法についてご説明をさせていただきます。

どの債務整理の方法を用いる場合でも,相談料は原則いただいておりませんので,お気軽にご相談ください。

弁護士法人心の事務所は名古屋やその周辺からのアクセスがよく,電車でも車でもお越しいただきやすい事務所です。

お問合せ・アクセス・地図へ