個人再生とは|名古屋で債務整理をお考えの方はお気軽にご相談ください!

弁護士による債務整理@名古屋駅

個人再生とは

個人再生とは,裁判所の関与のもと,住宅ローンがある場合にはその部分を除いて,借金の額を減額の上,利息を全額カットし,3~5年間の分割払いにしてもらう制度をいいます(一般的な事案の場合)。

個人再生の場合の弁済額

a:債務総額が100万円未満の場合
個人再生手続によっても,利息がカットされるだけで,債務総額をそのまま返済することになります。
b:債務総額が100万円以上500万円未満の場合
100万円を返済することになります。
c:債務総額が500万円以上1500万円未満の場合
債務総額の5分の1を返済することになります。
d:債務総額が,1500万円以上3000万円未満の場合
300万円を返済することになります。
e:債務総額が,3000万円以上5000万円以下の場合
債務総額の10分の1を返済することになります。

※但し,いずれの場合も所有財産の評価額の総額以上は支払う必要があります。また,給与所得者等個人再生の場合には法定の可処分所得の2年分以上を支払う必要があります。

個人再生の主なメリット

  1. ○弁護士に依頼すると,各債権者からの取立てが止まります
  2. ○マイホームを手放さなくて済みます。
  3. ○借金が大幅に減額されます。
  4. ○自己破産のように各種の資格制限等がありません。
  5. ○破産者というレッテルが貼られることがありません。
  6. ○自己破産が認められないような場合でも,個人再生なら認められることがあります。

個人再生の主なデメリット

  1. ●信用情報センターに個人再生中である旨の登録がされてしまいますので,当面の間,新たな借入をすることやクレジットカードを作ることが難しくなります。
  2. ●自己破産とは異なり,債務が全くなくなるわけではありません。
  3. ●官報に掲載されます。

もっとも,一般の人が官報を見る機会はほとんどなく,個人再生したことを周囲に知られることはほとんどありません。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア

個人再生手続が不認可・廃止となってしまう場合

個人再生手続は,申立てをしたとしても,途中で不認可・廃止となってしまう場合があります。

まず,不認可となる場合には,再生手続又は再生計画が民事再生法に違反し,不備を補正できず,違反の程度も軽微ではないとき,再生計画が遂行される見込みがないとき,再生計画の決議が不正の方法により成立したとき,再生計画の決議が再生債権者の一般の利益に反するときがあります。

再生手続又は再生計画が民事再生法に違反し,不備を補正できず,違反の程度も軽微ではないときには,書類の不備があって,補正できないような場合が当たりえます。

再生計画が遂行される見込みがないときには,清算価値保障の原則に反した場合や再生手続の直前に財産隠しをした場合,継続的に又は反復して収入を得る見込みがない場合などがあたります。

清算価値保障の原則とは,再生計画において、すべての債権者に対し破産手続による配当率(清算配当率)を上回る配当を行うことが必要とする原則のことをいいます。

不正確ですが,わかりやすくいってしまえば,保有する財産総額以上は返済しなければいけないということです。

保有する財産総額以上の返済ができない場合には,清算価値保障の原則に反するものといて,不認可となります。

具体的には,手続開始後に財産を消費してしまったような場合に,これにあたる場合があり得ます。

継続的に又は反復して収入を得る見込みがない場合とは,無職になった場合等です。

また,再生手続の直前に財産隠しをした場合とは,手続開始直前に,預貯金を引き出して他人に預けたり,財産を,後日買い戻すなどの約束のもと,本来の価格よりも低額で売却したりする場合です。

これらの場合には,債務者に利益を与える必要性がなく,債務の減額をすることが妥当でないと考えられるため,再生計画が不認可となります。

次に,廃止となる場合には,書面決議の際に,債権者の同意が得られなかった場合,決議に付するに足りる再生計画案の作成見込が無いことが明らかになったとき,手続中に債務者が財産を隠していることが判明したときに債権者や個人再生委員からの申立があった場合があります。

再生計画が認可されるためには,債権者の過半数,債権総額の2分の1以上の賛成が必要です。

これが得られない場合,手段を再考する必要が出てきますので,手続前に,債権者の同意がどの程度得られそうか,調査・検討しておく必要があります。

特に,債権総額の過半数を有する債権者がいる場合や,個人の債権者が主要な債権者である場合等,注意が必要です。

再生計画案の提出時期については,裁判所が指定します。

たとえば,ある裁判所では,申立から18週間後が一つの提出時期の目安とされています。

この期間内に再生計画案が提出できない場合には,個人再生は廃止されることがあります。

通常は,ありませんが,まれに,手続中に,財産隠しが発覚することがあります。

この場合にも,手続は廃止される可能性があります。

≪個人再生における返済額≫ 最低弁済額,清算価格総額

1 弁済総額に関するルール

個人再生手続きにおいては,再生計画における弁済総額(計画弁済総額)は,最低弁済額を上回る金額でなければなりません。

この最低弁済額は,民事再生法で,次のように定められています。

小規模個人再生の場合は以下の⑴⑵により,給与所得者再生の場合は以下の⑴⑵⑶により算出される金額のいずれをも下回ってはならないとされています。

つまり,⑴⑵⑶で算出される金額のうち,最も金額の高い額を支払う内容のものでなければなりません。

⑴債務額からの算出

⑵清算価値からの算出

⑶法定可処分所得額の2年分

2 最低弁済額の算出

  1. ⑴ 債務額からの算出について

    債務額に応じて求められる金額のことで,以下のようになります。

    債務額が100万円以下の場合;債務全額

    債務額が100万円以上500万円以下の場合;100万円

    債務額が500万円を超え1500万円以下の場合;総額の5分の1

    債務額が1500万円を超え3000万円以下の場合;300万円

    債務額が3000万円を超え5000万円以下の場合;総額の10分の1

  2. ⑵ 清算価値からの算出について

    清算価値総額とは,資産(不動産,預貯金など)を全部換価した場合の総額のことを言います(ただし,実際に資産を換価(処分)が要求されるわけではありません。)。

    不動産や自動車などは市場価格等の査定額であったり,保険は解約返戻金額であったり,その評価を算出することとなります。

    不動産につき住宅ローン支払い中の場合は,査定額からローン残高を差し引いた金額で評価しますので,ローン残高によっては,住宅の評価額が0円となる場合もあります。

  3. ⑶ 法定可処分所得額の2年分

    法定可処分所得とは,収入から所得税等や政令で定める最低生活費を差し引いた金額のことを言います。

    ただし,この金額の計算は,様々な要素を考慮するため,かなり複雑です。

    高収入の方や独身の方などは,この法定可処分所得額が高額になりますので,最低弁済額が大きくなることとなります。

    法定可処分所得額の2年分が一番高額になることが多い傾向にありますので,実務的には,まず,小規模個人再生の手続きを検討することが多いように思われます。

3 弁護士へのご相談

個人再生においてはきちんと返済できる計画を立てることがとても大切です。

名古屋周辺で個人再生その他の債務整理をお考えの場合には,弁護士法人心名古屋駅法律事務所の弁護士にご相談ください。

小規模個人再生と給与所得者等再生の違い

個人再生には,小規模個人再生と給与所得者等再生の2種類があります。

1 借金の減額について

小規模個人再生の方が,借金額が大きく減額されやすいところに大きなメリットがあります。

小規模個人再生では,借金額の5分の1等法律が定める額まで借金が圧縮できる場合が多いです。

一方,給与所得者等再生では,少なくとも可処分所得の2年分を返済しなければならないとされています。

可処分所得とは,難しい概念ですが,ざっくりいうと,収入から,税金・社会保険料・必要最低限の生活費等を差し引いた残額という意味です。

多くの方は,借金額の5分の1等法律が定める額よりも,可処分所得の2年分の方が大きくなります。

その結果,給与所得者等再生では,小規模個人再生よりも支払額が大きくなることが多いです。

2 債権者による反対

給与所得者等再生のメリットは,半分以上の債権者の賛成がいらないという点にあります。

小規模個人再生では,再生計画案に,債権者の頭数で過半数,債権額でも2分の1以上の債権者が反対しないことが要件となっています。

給与所得者等再生には,債権者の意見を聴く手続きはありますが,賛否を問うものではありません。

せっかく個人再生をする以上は,借金額が大きく減額されることを希望する方が多いでしょう。

債権者があえて反対の意思を示さない限り賛成したものと取り扱われる制度になっていることや,個人再生が債権者の反対で認められなければ自己破産を選択する方もいらっしゃることから,多数の債権者が反対するケースは珍しいです。

そこで,多くの方が小規模個人再生を選択します。

しかし,半分以上の債権者の反対が見込まれる場合には,給与所得者等再生を選択する方がよいことになります。

小規模個人再生手続が債権者の反対により認められなかった後,給与所得者等再生手続を行うことも不可能ではありませんが,最初から給与所得者等再生手続をした場合より,手続きが終わるまで時間も費用もかかってしまうからです。

債権者一社だけで金額が過半数に達している場合は,その債権者が反対するだけで小規模個人再生が認められなくなるので,注意が必要です。

3 弁護士に相談

この他にも,小規模個人再生と給与所得者等再生には,細かい差があるので,詳細は弁護士法人心名古屋駅法律事務所の弁護士までおたずねください。

お問合せ・アクセス・地図へ

お問合せ・アクセス・地図へ

債務整理に関する情報

私ども弁護士法人心名古屋駅法律事務所のホームページをご覧いただき,誠にありがとうございます。

当サイトでは,名古屋で債務整理を考えていらっしゃる方,借金問題で弁護士を探していらっしゃる方向けに,役立つ債務整理の知識や情報を掲載しております。

昨今は,債務整理などご自身の相談内容に関し,あらかじめインターネットで情報を入手してから相談に来られるお客様も少なくありません。

借金問題は,特にそうした傾向の強い分野と言えますが,だからこそ,インターネット上には債務整理に関する情報があふれかえっており,その内容はまさに玉石混交といったところです。

当法人には多数の弁護士が所属し,名古屋をはじめとした各地に事務所を設置しております。

そして多種多様な事件を手がけ,お客様の声に耳を傾ける中で,債務整理等に関する多くのノウハウを蓄積してきました。

当サイトは,こうした私どもの言わば目に見えない財産を,債務整理等の知識を必要とされるお客様にも分かりやすく還元しようと作られております。

お読みいただいた債務整理等の情報が,皆様の生活再建の一助となれば幸いです。

債務整理をお考えの方はご相談ください。

ただ,債務整理という分野にもデリケートな要素が多く,ちょっとした状況の違いによって事件処理の方向性が変わってきます。

そのため,当サイトにおいて債務整理を全て語り尽くせているわけではありません。

債務整理について何か気になることがありましたら,ぜひご連絡をいただき,弁護士の債務整理の無料相談を受けられることをお勧めいたします。

どういった方法で債務整理を進めるのがよいかというのも状況によって異なる場合がありますので,債務整理をお考えの方は,まずはご自身の状況を弁護士にご相談ください。

名古屋に本部がある弁護士法人心には,債務整理を集中的に扱うチームもあります。

お問合せ・アクセス・地図へ