過払い金の計算の仕方

弁護士による債務整理@名古屋駅

「過払い金」に関するお役立ち情報

過払い金の計算の仕方

1 過払い金とは

平成22年の貸金業法等の改正まで,貸金業者の中には,利息制限法で定められた法定の利率以上の利息をとっていたところがありました(なお,大手の消費者金融業者は,平成19年ころから新規の顧客については自主的に法定の利率で貸付けを行っていることが多いようです)。

そういった業者に対して払い過ぎたお金の返還を請求するのが過払い金返還請求権です。

この過払いに関する計算は少し複雑です。

例えば,10万円を借りていて,1月あたりの契約上の利息額が2万円,利息制限法で定められた法定の利率で計算した1月あたりの利息額が1万円とした場合,2万円を支払うと,契約上の利率で計算すると,利息の2万円のみを支払ったことになり,元金の10万円は変わりません。

しかし,利息制限法で定められた法定の利率で計算すると,利息額は1万円になりますので,残った1万円は元金の支払いに充てられ,元金は9万円になることになります。

このような支払いを続けていると,契約上は元金は全く減らないのに,法定の利率で計算すると,元金は0円になっており,支払う義務はなくなっていることになります。

しかし,消費者金融等の貸金業者から,法定の利率で計算すると借金はなくなっているので,払う必要はないですよと言ってくることはまずありません。

例外は,破産した場合くらいです。

そのため,通常は支払いを継続することになります。

しかし,法律上は,借金は既に完済しているため,この分は,当然返還を受けることができます。

このように,利息しか払っていない場合でも,その利息が法定の利率を超える利率で計算されている場合には,借金がなくなっていて,過払い金が発生していることがあります。

なお,余談ではありますが,信用情報センターの事故情報についても,この法定利率で計算した場合が基準となります。

法定の利率で計算して借金が完済している場合には,債務はないということになりますので,弁護士に依頼しても信用情報に事故情報が登録されることはないと言われています。

2 過払金の計算

では,過払金の計算はどのようにすればよいのか。

過払い金の計算は,法定の利率で取引を再構成することによって行います。

先程の例でみると,毎月2万円ずつ支払っていると,10回目の支払いで債務が法律上は完済となり,以降の支払いが過払い金となるように見えますが,それは誤りです。

なぜなら,利息額は,利率×元金×日数によって決まるので,元金が減れば,その分利息額も減ることになるからです。

元金が10万円の場合の1月あたりの利息額より,元金が9万円の場合の1月あたりの利息額は少ない金額となるのです。

そのため,過払金の計算は,借りた金額の法定の利率で計算した返済日までの利息額を計算し,それを返済額から差し引いた金額を元金から差引き,その金額の次の返済日までの利息を計算し,それを返済額から差し引いた金額を元金から差引き,・・・という計算を繰り返していくことによって行います。

これが,法定利率による引き直し計算と呼ばれるものになります。

そのため,過払金を計算するためには,借入金額,返済金額,借り入れた日,返済をした日の情報が必要になります。

このような計算を一つ一つ行うのは,非常に面倒ですので,借入金額,返済金額,それぞれの年月日を入力すると自動で計算をしてくれるエクセルのシートを使うのが一般的です。

3 借入金額,返済金額,年月日の入手方法

ただ,いつ,いくら借り入れて,いついくら返したかなんてもはや覚えていないという方も多いかと思います。

そういった場合も心配はいりません。

なぜなら,そういった情報については,消費者金融等の貸金業者は,完済した場合も,まだ返済途中の場合も,債務者から請求があった場合は開示しなければならいとなっているからです。

また,当然,過払い金返還請求をする場合には,弁護士からそういった情報の開示を行うこともできます。

弁護士法人心では,過払い金の計算については無料で行っております。

つまり,過払い金があるかどうか,ある場合は,いったいいくらになるのか確認した後,ご依頼いただくことが可能です。

名古屋駅の近くに事務所がありますので,名古屋にお住いの方はご来所いただくのに大変便利です。

弁護士紹介へ

スタッフ紹介へ

対応エリア